ホーム > 参加する > 地区勉強会について

地区勉強会について

第27回船橋市地域リハビリテーション地区勉強会(南西部)

 今年も多職種による事例検討会を中心とした地区勉強会を行って参ります。今年度第3回目となる地区勉強会(南西部)を行います。急性期・回復期・生活期各ステージにおける 多職種の方が参加される勉強会として、毎回多くの方にご参加いただいています。ご多用のことと存じますが、皆さまお誘いあわせの上ご参加頂ければ幸いでございます。

内  容
*テーマ
「繰り返す骨折を防ぎながら本人の望む生活を実現するために多職種でできること」

*ミニレクチャー
「意外と知らない骨粗鬆症のホントのこと」
講師:船橋中央病院 医師 山下 正臣 氏

*多職種による事例検討会
症例は90代の女性で一人暮らし。4年前の大腿骨折頚部骨折から2年後に原因不明の腰椎圧迫骨折がみつかり、現在は屋内での転倒により膝蓋骨骨折を受傷と繰り返し骨折している事例。2度目の骨折時にコルセットを促されないと装着しない、骨粗鬆症の薬を処方されていたが自己判断にて中断していたことが3度目の骨折時に発覚。身体能力や精神的な不安定さ、自己判断能力の観点から施設入所を進めるが、本人の強い希望から杖歩行にて自宅退院予定。再骨折の予防を考えながら、本人の望む生活を実現するために多職種で支援方法についてグループワークを行います。ミニレクチャーは、普段合併している方が多いために注意が疎かになっているかもしれない骨粗鬆症について改めて学びなおす機会となるよう、船橋中央病院の山下氏にお願いしています。お互いに学び合いながら連携を深められればと思いますので皆様奮ってご参加下さい。
日  時
平成30年11月19日(月曜日)
18:45〜20:45(18:15受付開始)
会  場
船橋市中央公民館 6階 講堂(船橋市本町2丁目2-5)
申込方法
別紙にて11月10日(土)までにFAXにてお申し込み下さい。会場の都合上申込多数の場合はお断りする場合がございます。お断りの場合は11月13日(火)までにFAXにてお返事いたします。参加可の場合は11月14日(水)までに事例をFAXいたします。

詳細内容・お申込み方法

当日の詳しいご案内とお申込みはこちらをご覧ください。

連絡先

〒274-0822 船橋市飯山満町2-519-3
船橋市リハビリセンター 担当:江尻
TEL:047-468-2001
Fax:047-468-2059
Mail:frc-cbr@kiseikai-reha.com

ページの先頭へ戻る

船橋市地域リハビリテーション拠点事業

〒274-0822 船橋市飯山満町2-519-3(アクセス
船橋市リハビリセンター

TEL:047-468-2001(代表) FAX:047-468-2059(直通)
mail:frc-cbr@kiseikai-reha.com 担当:江尻